台風24号の後始末(損害保険対応) │ 造園・庭・植木の事なら株式会社小林造園

株式会社小林造園

日本独自の芸術文化である日本庭園の歴史を守り育てていくと共に、
緑のトータルコーディネーターとして快適な生活空間創出への貢献を目指しています。

電話番号0336949991 受付時間平日9時から18時まで

メールでのお問い合わせ


お電話でのお問い合わせは0336949991 メールでのお問い合わせはこちら

台風24号の後始末(損害保険対応)

台風24号の後始末(損害保険対応)

造園コラム

公開日:2019年03月01日

昨秋の台風24号等において発生する樹木の被害は、発注元様が加入している損害保険の内容によっては保険金が下りるケースがあります。

その場合は、申請から認可までそれなりの時間が必要となりますので、応急処置のみ即時対応をして、残りの作業は認可待ちとなります。

今回は、台風24号によって幹から折れたり、傾いたりしたオリーブの木を、植替と傾きの復旧を行ったケースをご紹介します。ポイントは、新しい支柱を十字鳥居添木付に変更したことです。

二脚鳥居をダブルで補強するだけでなく、樹木の幹と平行に丸太を建て込むことで、強風への耐性がアップします。

強風で幹の途中から折れてしまいました。
古い支柱と樹木を撤去しました。
新しいオリーブを植栽しました。
新しい支柱を設置しました。
こちらは折れずに踏み止まりました。
古い支柱を撤去した後に傾きを矯正します。
傾き修正後に新しい支柱を設置しました。

葛飾区 小林造園のコラムをお読みいただきありがとうございます。
もし、当記事が役に立ちましたら『いいね!』していただけると幸いです。

※facebookページでも更新が確認いただけます。


令和記念 造園、庭のお手入、各種作業の施行割引キャンペーン開催 【2019年9月30日迄】 年間・季節に応じた庭木の管理
庭師、庭師見習い募集中 助成金交付団体

トップへ戻る