てんぐ巣病の処置 │ 造園・庭・植木の事なら株式会社小林造園

株式会社小林造園

日本独自の芸術文化である日本庭園の歴史を守り育てていくと共に、
緑のトータルコーディネーターとして快適な生活空間創出への貢献を目指しています。

電話番号0336949991 受付時間平日9時から18時まで

メールでのお問い合わせ


お電話でのお問い合わせは0336949991 メールでのお問い合わせはこちら

てんぐ巣病の処置

てんぐ巣病の処置

造園コラム

更新:2019年03月31日   公開日:2019年03月08日

てんぐ巣病は、糸状菌(カビの仲間の一種:樹木に感染)とファイトプラズマという細菌(野菜・草花等に感染)が原因で、樹木の場合は、幹や枝の一部が発病すると枝から多数の小枝が生じて、花木は花が咲かなくなります。

現時点では薬剤での防除方法が確立されていないので、放置しておくと感染した枝はやがて衰弱・枯死します。そのため発見次第、病巣部を基部の瘤も含めて切除します。

様々な樹種に発生しますが、落葉樹の場合は落葉期の方が発見し易いので、今の時期に行うことが多いです。

幹から直接多数の小枝が発生しています。
基部の瘤ごと切除します。
切除後は感染防止の薬剤を塗布します。

葛飾区 小林造園のコラムをお読みいただきありがとうございます。
もし、当記事が役に立ちましたら『いいね!』していただけると幸いです。

※facebookページでも更新が確認いただけます。


令和記念 造園、庭のお手入、各種作業の施行割引キャンペーン開催 【2019年9月30日迄】 年間・季節に応じた庭木の管理
庭師、庭師見習い募集中 助成金交付団体

トップへ戻る