踏み荒らされた区域の補植(その2) │ 造園・庭・植木の事なら株式会社小林造園

株式会社小林造園

日本独自の芸術文化である日本庭園の歴史を守り育てていくと共に、
緑のトータルコーディネーターとして快適な生活空間創出への貢献を目指しています。

電話番号0336949991 受付時間平日9時から18時まで

メールでのお問い合わせ


お電話でのお問い合わせは0336949991 メールでのお問い合わせはこちら

踏み荒らされた区域の補植(その2)

踏み荒らされた区域の補植(その2)

マンションでの作業 施工事例 造園コラム

更新:2020年08月26日   公開日:2020年06月02日

昨年の1016日に公開したコラムの続きです。

https://www.kobayashi-landscaping.com/column/2019-10-16-3486.html

前回と重複しますが、公開空地に補植する場合の留意事項を再掲します。

  1. 以前より背丈の高い品種を選択する。
  2. 当初から植付間隔を密にする。
  3. 花の色が鮮やかな樹種を選ぶ

<1><2>共に心無い人がその区域に足を踏み入れることを躊躇させることが目的でしたが、今回は新たに<3>の項目を加えることで、更に心理的ハードルを上げる作戦です。 

美しい景観と、実用性の両立となる施行例です。

小林造園では、お悩みを元に具体的な提案を行う事も可能です。お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

施工前の状況
クルメツツジ補植中
補植後の灌水状況
完成!

葛飾区 小林造園のコラムをお読みいただきありがとうございます。
もし、当記事が役に立ちましたら『いいね!』していただけると幸いです。

※facebookページでも更新が確認いただけます。


年間・季節に応じた庭木の管理 庭師、庭師見習い募集中
助成金交付団体

トップへ戻る