公園のよしずを交換しました │ 造園・庭・植木の事なら株式会社小林造園

株式会社小林造園

日本独自の芸術文化である日本庭園の歴史を守り育てていくと共に、
緑のトータルコーディネーターとして快適な生活空間創出への貢献を目指しています。

電話番号0336949991 受付時間平日9時から18時まで

メールでのお問い合わせ


お電話でのお問い合わせは0336949991 メールでのお問い合わせはこちら

公園のよしずを交換しました

公園のよしずを交換しました

公共施設での作業 施工事例 造園コラム

更新:2020年06月01日   公開日:2020年05月15日

暑くなってきましたので、涼しそうなネタをひとつ・・・・・・。

先日葛飾区公園管理所より、パーゴラの上に敷いてある「よしず」が劣化したので、交換を依頼されました。

よしずは簾(すだれ)と似ていますが「葦(よし・あし)」を材料にしています。(簾の材料は竹です)

今回の例は上に敷いていますが、家庭では窓辺に立て掛けて使用します。日照を遮断しても風を通す構造のため、昔から避暑対策として利用されてきました。

「よしず」を立て掛けて使用する場合は予めに水をかけておくと、室内の温度を2℃程下げる効果があるようです。

葦も結束用の竹もボロボロです。
古いよしずを撤去します。
新しいよしずを竹を媒介にしてパーゴラに結束します。
完成です。

葛飾区 小林造園のコラムをお読みいただきありがとうございます。
もし、当記事が役に立ちましたら『いいね!』していただけると幸いです。

※facebookページでも更新が確認いただけます。


年間・季節に応じた庭木の管理 庭師、庭師見習い募集中
助成金交付団体

トップへ戻る