踏み荒らされた区域の補植(その1) │ 造園・庭・植木の事なら株式会社小林造園

株式会社小林造園

日本独自の芸術文化である日本庭園の歴史を守り育てていくと共に、
緑のトータルコーディネーターとして快適な生活空間創出への貢献を目指しています。

電話番号0336949991 受付時間平日9時から18時まで

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせは0336949991 メールでのお問い合わせはこちら

踏み荒らされた区域の補植(その1)

踏み荒らされた区域の補植(その1)

マンションでの作業 施工事例 造園コラム

更新:2021年04月08日   公開日:2019年10月16日

ビルやマンション等の公開空地では、不特定多数の人々が行き交うことで背丈の低い植物が踏み荒らされるケースが多くなります。踏み荒らされた植物は、その後枯れて無くなってしまうので美観が著しく低下します。

今回のように踏み荒らされた区域に再度補植する場合、下記の点に留意します。

  1. 以前より背丈の高い品種を選択する。
  2. 当初から植付間隔を密にする。

いずれも、心無い人がその区域に足を踏み入れにくい&躊躇させることを目的としています。

逆に、人が通る場所をあらかじめ用意しておく、というのも一つの手です。

これらを実施したことにより(人の行う事ですので『絶対に踏み入れられない』とは言いきれませんが)相当の心理的・物理的対策ができました。

多くの人が緑地を横切った結果です。
横切る隙間もない位密植しました。
奥の門扉からの出入りに使われていたようです。
通路用のスペースを確保した上で密植しました。
こちらも同様のケースです。
脚の長い人しか跨げないようにしました。(^^;

葛飾区 小林造園のコラムをお読みいただきありがとうございます。
もし、当記事が役に立ちましたら『いいね!』していただけると幸いです。

※facebookページでも更新が確認いただけます。


 造園、庭の手入れ、各種作業の新春施行割引キャンペーン 【2021年4月末迄】 年間・季節に応じた庭木の管理
庭師、庭師見習い募集中 助成金交付団体

トップへ戻る