造園職人の仕事:大活躍の『梯子(はしご)』についてご紹介 │ 造園・庭・植木の事なら株式会社小林造園

株式会社小林造園

日本独自の芸術文化である日本庭園の歴史を守り育てていくと共に、
緑のトータルコーディネーターとして快適な生活空間創出への貢献を目指しています。

電話番号0336949991 受付時間平日9時から18時まで

メールでのお問い合わせ


お電話でのお問い合わせは0336949991 メールでのお問い合わせはこちら

造園職人の仕事:大活躍の『梯子(はしご)』についてご紹介

造園職人の仕事:大活躍の『梯子(はしご)』についてご紹介

施工事例 造園コラム

更新:2018年10月15日   公開日:2018年08月24日

今回は、造園・庭造りといった作業に欠かせない梯子(はしご)について。プロの視点から、使用例を少し掘り下げてご紹介したいとおもいます。

モデル現場:江戸川区のホテルのエントランス 造園作業事例より

1枚目の写真は作業前の写真です。地下1階から2階まで吹き抜けになっており、2階天井付近まで樹木が育っています。高さは約9m位です。

2枚目の写真は3種類の梯子を使い分けて作業しています。

右下丸印の脚立は、主に下枝(地上4m位まで)の手入に使用します。

真ん中矢印の長い梯子は、吹き抜け側に出ている枝の手入に使用します。

左側矢印の短い梯子は、お店側に出ている枝の手入に使用します。

ちなみに左側丸印の中は、現在手入中です。

3枚目の写真は作業終了後です。スッキリとした樹形に整えましたが、来年には1枚目の状況に戻ります。(健康な証です)

葛飾区 小林造園のコラムをお読みいただきありがとうございます。
もし、当記事が役に立ちましたら『いいね!』していただけると幸いです。

※facebookページでも更新が確認いただけます。


令和記念 造園、庭のお手入、各種作業の施行割引キャンペーン開催 【2019年9月30日迄】 年間・季節に応じた庭木の管理
庭師、庭師見習い募集中 助成金交付団体

トップへ戻る