生垣の生長速度について……施工後、1年後、2年後の例 │ 造園・庭・植木の事なら株式会社小林造園

株式会社小林造園

日本独自の芸術文化である日本庭園の歴史を守り育てていくと共に、
緑のトータルコーディネーターとして快適な生活空間創出への貢献を目指しています。

電話番号0336949991 受付時間平日9時から18時まで

メールでのお問い合わせ


お電話でのお問い合わせは0336949991 メールでのお問い合わせはこちら

生垣の生長速度について……施工後、1年後、2年後の例

生垣の生長速度について……施工後、1年後、2年後の例

施工事例 造園コラム

更新:2018年08月26日   公開日:2018年07月12日

最近は生垣シリーズが続いていますが。

6月15日のコラム(https://www.kobayashi-landscaping.com/column/2018-06-15-2118.html)でご紹介した「ベニカナメモチの生垣が目隠しと侵入防止の役目を果たすまで2年程」と記載しましたが、ビジュアルで御紹介できるデータがありましたので、今回は1年ごとの生長具合をご紹介しましょう。

1枚目が植栽年度、2枚目が1年後、3枚目が2年後の写真です。

初年度の管理項目は病害虫駆除や施肥のみです。
1年後(2年目)は昨年の項目に加えて、上へ伸び過ぎた枝を揃える程度に鋏みます。横はまだガマンです。
2年後(3年目)に漸く生垣らしくなりました。本格的な手入が始まります。


生垣をご依頼いただいた後に、初年度の状態を見たご依頼主様から、物足りないとご心配いただく場合もあるのですが、成長と定着、そして完成時の状態などを踏まえての最良な施行であるという点をどうかご理解いただけれれば幸いです。

葛飾区 小林造園のコラムをお読みいただきありがとうございます。
もし、当記事が役に立ちましたら『いいね!』していただけると幸いです。

※facebookページでも更新が確認いただけます。


庭師、庭師見習い募集中 年間・季節に応じた庭木の管理
助成金交付団体

トップへ戻る