足立区、葛飾区、江戸川区 都立高校の樹木 お手入 後編 │ 造園・庭・植木の事なら株式会社小林造園

株式会社小林造園

日本独自の芸術文化である日本庭園の歴史を守り育てていくと共に、
緑のトータルコーディネーターとして快適な生活空間創出への貢献を目指しています。

電話番号0336949991 受付時間平日9時から18時まで

メールでのお問い合わせ


お電話でのお問い合わせは0336949991 メールでのお問い合わせはこちら

足立区、葛飾区、江戸川区 都立高校の樹木 お手入 後編

足立区、葛飾区、江戸川区 都立高校の樹木 お手入 後編

公共施設での作業 造園コラム

更新:2018年08月26日   公開日:2018年04月17日

3月末に実施した、春の都立高校お手入の後編です。

葛飾区及にある都立高を通常のお手入(剪定)の他に、樹木の伐採を行いました。樹木の伐採は、2016年9月16日の「タネも仕掛けもある魔法」でも紹介しましたが、今回は作業方法をメインに紹介致します。

森の中のように広い所なら根元からチェーンソーで一気に処理することができますが、学校ではそうはいきません。上部から数十センチ単位で少しずつ落としていくことになります。

地際まで切断したら、幹の断面に木を腐らせる薬剤を塗布します。実は枯れていない樹木の伐採は、薬剤の塗布を怠るとかなりの確率で復活します。

すごい生命力ですよね。人間だったらゾンビです。(^^;)

施工前の状況です。
上から少しずつ切断していきます。
幹の断面に薬剤を塗って枯らします。
完成です。
今回も大量のゴミが出ました。

葛飾区 小林造園のコラムをお読みいただきありがとうございます。
もし、当記事が役に立ちましたら『いいね!』していただけると幸いです。

※facebookページでも更新が確認いただけます。


年間・季節に応じた庭木の管理 現場作業社員募集
助成金交付団体

トップへ戻る