ドッジボール │ 造園・庭・植木の事なら株式会社小林造園

株式会社小林造園

日本独自の芸術文化である日本庭園の歴史を守り育てていくと共に、
緑のトータルコーディネーターとして快適な生活空間創出への貢献を目指しています。

電話番号0336949991 受付時間平日9時から18時まで

メールでのお問い合わせ


お電話でのお問い合わせは0336949991 メールでのお問い合わせはこちら

ドッジボール

ドッジボール

植木職人の日常 造園コラム

更新:2018年03月14日   公開日:2016年03月30日

午後から剪定でお邪魔した保育園での出来事。3時の休憩時間にちょうどドッジボールで30分程園庭を使うと報告を受けました。

少しフライングで3時前に出てきた児童も先生に呼ばれ直ぐ部屋に。そして、3時。わんさか出て来ました。早速ドッジボール開始。でもいきなりボールが柵を越え隣の空き地に。

それを見ていた親方はボールを取ってあげに軽やかに走り出しました。園児にはヒーローに見えた事でしょう。

その後、先生もドッジボールに加わり、両者大はしゃぎ。先生も手抜かりはしません。見ている方も楽しくなりました。

この3歳から5歳くらいまでは絶対剪定してると聞いてきます。

「なにやってるの〜?」
「木の散髪」って答える。
その後、毎度もっと良い表現ないかなぁと考える。

良い例えないですかね〜。

みやもと

 

葛飾区 小林造園のコラムをお読みいただきありがとうございます。
もし、当記事が役に立ちましたら『いいね!』していただけると幸いです。

※facebookページでも更新が確認いただけます。


令和記念 造園、庭のお手入、各種作業の施行割引キャンペーン開催 【2019年9月30日迄】 年間・季節に応じた庭木の管理
庭師、庭師見習い募集中 助成金交付団体

トップへ戻る