都立高アゲイン2021 その3 │ 造園・庭・植木の事なら株式会社小林造園

株式会社小林造園

日本独自の芸術文化である日本庭園の歴史を守り育てていくと共に、
緑のトータルコーディネーターとして快適な生活空間創出への貢献を目指しています。

電話番号0336949991 受付時間平日9時から18時まで

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせは0336949991 メールでのお問い合わせはこちら

都立高アゲイン2021 その3

都立高アゲイン2021 その3

教育関連施設での作業 施工事例 造園コラム

更新:2021年04月07日   公開日:2021年03月26日

都立高シリーズの3回目、今回は足立区にある高校です。

現在生垣のように密に列植されているカイズカイブキの「透かし剪定」を紹介します。

カイズカイブキのような針葉樹ヒノキ科(ヒノキ属にはヒノキ・サワラ・ヒバ等、カイズカイブキはビャクシン属、他にコノデガシワ属もあります)の樹木は生垣や仕立物として利用される機会が多いことや予算の都合から、「表面だけを刈込して密に仕上げる」やり方が主流ですが、この方法のみを続けると内側の枝葉に日が当たらず風通しも悪くなるので、生育面から考慮するとあまりお勧めできません

樹木の健康を維持するためには、「枝葉の隅々まで日が当たり風通しも良い状態を保つ」ことが重要です。よって1本ごとの樹形がハッキリと分かるように思い切った透かし剪定を行いました。

葛飾区 小林造園のコラムをお読みいただきありがとうございます。
もし、当記事が役に立ちましたら『いいね!』していただけると幸いです。

※facebookページでも更新が確認いただけます。


 造園、庭の手入れ、各種作業の新春施行割引キャンペーン 【2021年4月末迄】 年間・季節に応じた庭木の管理
庭師、庭師見習い募集中 助成金交付団体

トップへ戻る