『桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿』とは言うものの…… │ 造園・庭・植木の事なら株式会社小林造園

株式会社小林造園

日本独自の芸術文化である日本庭園の歴史を守り育てていくと共に、
緑のトータルコーディネーターとして快適な生活空間創出への貢献を目指しています。

電話番号0336949991 受付時間平日9時から18時まで

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせは0336949991 メールでのお問い合わせはこちら

『桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿』とは言うものの……

『桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿』とは言うものの……

一般施設での作業 教育関連施設での作業 造園コラム

更新:2021年04月08日   公開日:2018年11月29日

「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」という諺(ことわざ)がございます。

これは、

「桜の枝を切るとそこから腐りやすくなるので切らないほうが良く、梅は枝を切らないと無駄な枝が付いてしまうので切ったほうが良い」

といった意味ですが、実際のところ桜の枝も放置するのはよろしくありません

無駄な枝のことを総じて『支障枝(ししょうし)』と呼びますが、これらを放置すると主枝の成育に悪影響となるため、定期的に除去の手入れをしなければなりません。

よって「正しいやり方で行うのであれば、桜の枝も切ってよい」というのが正解でしょうか。

……今回はそんな作業例のご紹介です。

葛飾区 小林造園のコラムをお読みいただきありがとうございます。
もし、当記事が役に立ちましたら『いいね!』していただけると幸いです。

※facebookページでも更新が確認いただけます。


 造園、庭の手入れ、各種作業の新春施行割引キャンペーン 【2021年4月末迄】 年間・季節に応じた庭木の管理
庭師、庭師見習い募集中 助成金交付団体

トップへ戻る